初めて海外で働くかたに

kaigai海外、外国で働きたいと思うかたはどんな方が多いでしょうか。中学生?高校生?大学生?社会人になってから?もちろん人それぞれ海外で働く目的は異なってくるでしょう。両親と海外で過ごしていたとか、ワーホリや留学で外国に行ったことがある、という方は身近なものとして感じているかもしれませんが、「これから」外国で働いてみたいと思ったら何から始めればよいかは不安になると思います。

まずは言語の課題と、国の問題があります。これから自分はどこの国で働いてみたいか検討しなければいけません。いま語学力があるならある程度の仕事探しの道は開けていると思いますが、語学が出来ない場合はかなり厳しくなってしまいます。(もっとも語学が出来ない人は海外で働こうなどとは思わないと思いますが…)その上で、まずは外国について調べていく事になるかと思います。おめあての国をリサーチしましょう。調べ方はインターネットが一般的、書籍でも探すことができるので情報収集には困らないと思います。そうしてその国のことがわかったら最初にするべきことは決まっています。スケジューリングを行います。いつどこの国にいくかゴールを決めることです。そして現在地を確認しましょう。ゴールへ向かうために必要なモノ、知識、お金を認識しなければいけません、そうしてスケジューリングができればぐっと外国で働く事が近くなるでしょう。

海外で働くには2通りの手段があるといえます。1つは日本国内で仕事を探すこと、もう1つは外国にいってその期間中に仕事を探すことです。国によってどちらが可能性が高いかは異なってきます。それと海外ではなにかと日本人との人脈を大切にするべきです。現地に日本人会などがあるなら積極的に参加申込みを行いましょう。何かトラブルにあったとき、仕事を探している時に打診してみることができます。駐在員や現地採用などを気にしないでとにかく働きたいという事であれば思い切って渡航してしまうのも手段としてはOKかと思います。その場合は無職期間として1ヶ月分はホテルの費用と、生活費をあらかじめ持っておかないといけません。

日本国内で仕事を探す場合は現地の日本人オーナーに直接連絡をとるか、インターネットで探せるいわゆる転職サイト、海外人材サイトを活用していく事になるでしょう。あなたの経歴やスキルが認められれば人材を探している会社とつないでもらうことができます。また求人の一覧をリストで見ることができるのでその中から探してみるという手もあります。初めての方ならまずは相談してみる事をお勧めします。よく日本人向けに仕事が出ているのは営業職、事務職、翻訳、日本語教師などでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ