営業職は海外でも多め

外国に転職して働きたいと考えている方にとって様々な職種が開けています。
求人を多く見かけるのは「営業職」「事務職」「日本語関係」の仕事です。とくに現地採用の場合はこれらの仕事で日本人の求人を募集している事が多いように思います。

現地就職といっても3パターンあります。

1.外国の地で日本人オーナーが立ちあげた会社で働く
2.その国に設立された会社で働く
3.その国に海外から来た会社(外資系ということ)で働く

となります。日本人が要望されているのは主に対日系企業の営業職や、現地の日本人相手の商売での活躍です。なので現地の言語と日本語での対応が必須といえます。営業職がなぜ多いのかはわかりませんけど、そういう傾向にありますね。

eigyoそれから上記の1~3でどこで探すのかといわれれば勿論1がもっとも居心地が良いかと思います。周りの社員でも日本人がいるでしょうから。2と3は現地の外国人と仲良くやっていかないといけません。おそらく日本人に対して多めに給料が払われるケースは殆どありませんので自分の能力で開拓していく必要があるでしょう。日本人だからといって給料を多めにもらっているようなことがあれば、まわりの外国人に無視されたり文句が出たりします自分の能力で結果を出すしかありません。対日本企業、対日本人相手の商売では売上・利益を期待できるためでしょうか、そういった待遇で迎えてくれる会社もたまに有るようですね。

どちらにしても、営業の場合は商品への理解と知識が必要になってくることはあたりまえです。これまで働いてきた経験、キャリアが見られる事は勿論です。これまでのキャリアとは全く異なる畑での就職は、海外転職では難しくなります。これはビザの取得にも関係していることが多いです。(国によって差異あり)海外での営業職の求人を探すにはどうすればよいでしょうか。一昔前であれば現地に渡航して求人誌やフリーペーパーを手にとって会社にアポをとって面接を申し込むぐらいの事が必要なこともありました(今でもOKですが)、いまはインターネットが発達しており日本からでの求人を探すことができる場合があります。詳しくはこちらのサイトでも参考にされると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ